Ez mixed BBS



カテゴリ:[ エンターテイメント ]


新着順:15/84


[71] Re: 放送大学出願しました

投稿者: ジャッキー 投稿日:2021年 3月19日(金)14時56分7秒   通報   返信・引用 > No.70[元記事へ]

> > 社会的関係の集中的な表現としてある
>
> いやー、正に我が意を得たりという言い回しで、感心しました。

僕も「おー」と思いました。さすが花田清輝ですね。しかもこれを文章ではなく対談で言っているというのもすごい。パッと思いついた言い回しなのか、すでに出来上がっていたものなのか。


> 人格とは、関係性や思考をごたまぜにして、観察されるその場で「表現」として結実する対象
> 森サン(83)の発言は「社会的関係の集中的な表現」として、その周囲の人たちの「ノリ」も含めて、批判され、再考するに値する

一個人の内面に集約して批判する、というのが従来、そして今回さかんに行われたことで、そうじゃないだろうよ、ということですよね。もうちょっと事は複雑で。
このあたり真剣に、精確に考えていったらものすごく面白いはずなんですが…。



森達也もまさに、今僕が読んでいる『A3』で言うならば、おそらく「麻原という一個人の内面に集約させて語るのは無理がある」という立場で、だからこそ「問題を麻原という一個人の内面に集約させた上で、その内面と向き合わずに無視し、勝手にすべてを済ませようとしている」という司法のやり方が許せずに憤っています。ちょっとややこしい書き方をしてしまいましたが、「あいつの内面が悪い!」だけで終わらせるわりに、その人の内面をのぞき込もうとはしない(すでに定まった結論を動かさない)、という感じですね。

本当は森達也さんは、「いやもっと事態は複雑だ」と言いたいのだし、「人間が矛盾するのは当たり前だ」とはっきり書いていたりもします。「どの顔もその人であり、一貫した人格などない」みたいなことも。(主に麻原について。)

『私たちは~』のほうにも興味がわきました。

http://ozakit.o.oo7.jp/


新着順:15/84


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.